“新しいことを始めるのに完ぺきなタイミングなんてない 思い切って自分から飛び込んでみるのよ それがタイミング”

“新しいことを始めるのに完ぺきなタイミングなんてない
思い切って自分から飛び込んでみるのよ
それがタイミング”

(ジュディス・シェリダン/地球物理学者,ボディ・サーファー)映画「Dear & Yonder chapter“JUDITH”より」

30
地球物理学者であり、ボディ・サーファーであるジュディス・シェリダンは男性も驚くような大波にボディ・サーフィンで挑む。

この映画を見たとき、女性のパワーを感じたし、女だってこんなこと出来るし、アクティブに楽しんじゃうんだって、自分も何かを始めるパワーが涌いて来た。そしてこの映画を製作したティファニーとアンドリアに会って話す機会に恵まれ、そのことを伝えると非常に喜んでくれた。そして、そこで二人に” いつか私も女性サーファーたちの雑誌や映画を作りたい”と話したのを覚えています。私にとって、この映画はいつまでも心に残るバイブルのようで、今回新たに始めた“Sirena Magazine”の一つの目標であり、コンセプトとして思い描くものでもあります。

 

24
Tiffany Campbell ティファニー・モーガン・キャンベル/監督・脚本・製作(写真:左) Andria Lessler アンドリア・レスラー/脚本・製作(写真右)

スケーターであったティファニーとアンドリアはカリフォルニアのビッグ・サー近郊の山でスケートをするときに出会ったと言う。そこからフィルムや本の製作やイベントの運営など様々な活動を共にしてきた。そんなアクティブでクリエイティブでチャーミングな女性たちが個性豊かにこの映画に登場する。結婚してもしていなくても、子供がいてもいなくても、いくつになっても、おてんばで、そして自分らしく生きる女性たち。いつの時代も女性たちは男性に負けず劣らず、女性らしく時代を拓いてきた。

11

この映画を観たSirenaの皆さんも多いと思いますが、まだ観てないSirenaの皆さんはぜひDVDが出ているのでぜひ観てみて下さい♪

新しい時代を拓く“Sirenaの皆さんに、チャプター“SKATE BOARDING”の中にある言葉を☆

“Do Something  (行動をおこそう)”!

10

 

写真提供/レイドバックコーポレーション

 

DNY_COVER

世界トップレベルの女性サーファー、ステファニー・ギルモアやソフィア・ムラノヴィッチは、インドネシアの美しく真っ青な海で波を乗りこな す。カリフォルニアやメキシコでは、カシア・メドー、アシュリー・デイビス、プルー・ジェフリーズが様々なボードに挑戦し、もっとも美しいサーフィンを見 せる。地球物理学者のジュディス・シェリダンは、知識を利用して容赦ない波に立ち向かう。リズ・クラークはたった一人で世界中を航海。アシュリー・ロイド は、大豆を原料としたサーフボードを作り、ベリンダ・バグスはヴィンテージキルトでボードショーツをハンドメイドする。女性スケート・ボーダーも登場。海 を愛し、海と共に生きる女性たちの、ナチュラルで美しく力強いライフスタイルを描き出した「ディア・アンド・ヨンダー」は、大好きな海とサーフィンへのさ さやかな恩返しなのだ。監督は、トーマス・キャンベル(「The Present」監督)の妻、ティファニー・キャンベル。

■ CAST
カシア・メドー、リズ・クラーク、ジュディス・シェリダン、ソフィア・ムラノヴィッチ、アシュリー・デイビス、ブルー・ジェフェリーズ、アシュリー・ロイド、ベリンダ・バグス、ステファニー・ギルモア

■ 監督
ティファニー・キャンベル

2009年/アメリカ映画/73分/ドキュメンタリー/英語/劇場公開作品
©2009 Woodshed Films, Inc.

 

 

 

[詳細情報】
http://www.dearandyonder.com/
http://www.laidback.co.jp/movies/18_d&y.html

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です