「WAKITA PEAK」

ハワイ・オアフ島ノースショア。
冬になると大きな波が押し寄せるこの場所へ世界中のサーファーが集まり始める。

その中でも特別なポイントである“パイプライン”。
その波は乗れれば天国、乗れなければ危険と背中合わせ。
いつの時代も最高な波を求めてサーファーはパイプラインに挑む。

そのパイプラインの波に魅せられ、そこに焦点を合わせ、長年挑み続ける日本人サーファーがいる。
脇田貴之氏。
パイプラインは時として恐ろしい牙を向くが、そのパイプラインに向かう彼の姿は、パイプラインに対峙するというよりもパイプラインを愛しているのだと感ぜざるを得ない。
そしてそのポイントを愛し、挑み続けるサーファーとしての栄誉といえるだろう。彼がいつも波を待つポイントはこう呼ばれるようになった。「WAKITA PEAK」。今回紹介したい映画のタイトルでもある。

彼を知っている人は日本人サーファーとして誇らしく思うだろう。
そしてもし知らないのならば、ぜひこの映画をとおして知ってほしい。

2人のお子さんの泰地くん、紗良ちゃんも現在プロサーファーとして国内外の試合を回る。
そのサーフファミリーをまとめ、支える、妻であり母でありサーファーである小百合さん。

脇田ファミリーは全員が熱いサーファーであり、皆で更なる高みを目指してサーファーとして挑戦を続けている。
そんなすごいファミリーだが、会えば気さく、誰に対しても謙虚な姿勢で話をしてくれる。そこがまた脇田ファミリーのファンになるところだ。
インタビューの仕事をとおして、人一倍努力をしている人は、常に周りの人のことを大切にしていると感じる。
また、地球のパワーを全身で感じるサーファーは地球のすべてに感謝をし、謙虚になると感じている。

映画「WAKITA PEAK」にはサーファーとして挑み続ける日本人サーファーそしてそのファミリーの素顔が映し出されている。それはリアルであり、ドラマだ。
観終わった後、“挑み続ける”ということが再び胸に熱く迫って来た。

 

・・・と語らせてもらいましたが!

まずはこの映画のトレーラーを観てみて下さい!

 

めちゃくちゃ観たくないですかー!!この映画!!

この映画を全国の人に観て頂きたいです!!

そのために、資金を募り、劇場公開をしようとクラウドファンディングを開設しているとのこと!!

ぜひ応援して、素晴らしい映画をシェアしようではないですかー!!

監督はSirena Magazineでもお世話になっているMasataka Kiyono.

本場ロサンゼルスで映画製作を学び、テレビ制作会社の助監督を経て、現在フリーランスの映像作家として活躍中。サーフィンの旅をテーマにしたアートフィルム作品ではブラジルのフィルムフェスで作品賞を受賞した実力の持ち主。もちろんハートの熱いサーファーだ。

Sirena Magazineもめいっぱい応援します!!

皆様どうぞよろしくお願い致します!!

「WAKITA PEAK」クラウドファンディング↓

https://www.makuake.com/project/wakitapeak/

「WAKITA PEAK」HP↓

https://wakitapeak.com

「WAKITA PEAK」Facebook

https://www.facebook.com/WAKITAPEAK/

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です